〒216-0006 川崎市宮前区宮前平1-8-12

採用情報

職員の声

写真

生活介護 セルプ宮前こばと
絵画主幹・生活支援員
入職4年目


入職のきっかけ

私がみのり会の門を叩いたのは、障がい者アートの展覧会での衝撃的な作品との出会いでした。
その作品は消火器を描いたものですが、独特な形に圧縮されており、一面に黒い模様のようなものが描かれておりました。よく見るとそれは消火器の説明書きでした。全てを忠実に写し取った結果、字が消火器からはみ出して描かれていたのです。
その固定観念に囚われない自由な表現力に度肝を抜かれ、その作者がみのり会の利用者様と知り、直ぐに連絡を取りました。

やりがい

第1は大好きな絵画に触れられることです。
好きが高じて絵画主幹に抜擢され、障がい者アートを広く知って頂くことや利用者様の経済的自立に向けた販売活動など、様々な取り組みを企画立案・実行を任されております。
2番目が成功や失敗の経験を生かし、さまざまな障がい特性を持つ利用者様の支援を試行錯誤した結果から学び、それを生かしより良い支援ができた時の喜びです。

みのり会の良いところ

介護未経験の私でも、さまざまな研修の機会やさまざまな経歴を持つ職場の同僚からの支援を得、より良い支援ができるところです。
支援者会議などで議論をし、色々な観点からの意見を頂け、相談も出来る風通しの良い環境で仕事ができます。

写真

生活介護 あーる工房
生活支援員
入職4年目


入職のきっかけ

大学の社会福祉専攻に在学中に社会福祉士の実習にみのり会に来たのがきっかけです。
実習中に実際の現場で利用者様や職員とふれあい、「ここで成長していきたい」との思いと、新たに開所する施設で「仲間と共にいちから創り上げる」ことで大変魅力を感じたからです。

やりがい

利用者様の障がい特性だけではなく、天候や周りのさまざまな状況の変化により、その日その日で異なる利用者様の行動の違いに対し、創意工夫をしながら対応することに面白さを感じています。
それに何より利用者の皆様の屈託の無い笑顔が大好きです。

みのり会の良いところ

入職して直ぐに結婚、その1年後には出産をしましたが、産前産後休暇の取得や育児のための就業時間など柔軟に対応頂き、働きながら子育てするママにとって最適な職場です。 これからもママさん支援員として、利用者様の支援と子育ての両立にがんばっていきます。

写真

生活介護 あーる工房
生活支援員
入職4年目


入職のきっかけ

身内に障がい者が居ることから障がい者施設に勤めることを目標に大学の心理福祉学科で学びました。そこに在学中社会福祉士の実習でみのり会に来たのが法人との出会いです。
実習中に感じた法人内の雰囲気の良さと法人の理念に共感し、また新たに開所する事業所で働けることなどに魅力を感じ入職を決めました。

やりがい

3年前に新設されたあーる工房に配属となり、そこでは5人の同期が一緒に働き、翌年にはさらに5人の新卒の後輩が入り、施設と共に切磋琢磨しながら共に成長している点です。
今では班のリーダーを任され、同僚と共により良い支援ができるようがんばっています。

みのり会の良いところ

利用者の皆様を「仲間たち」と呼び、法人理念にあるように共に「暮らす」「働く」「楽しむ」を実践し、日々の個別課題からおやつ作り、手話ダンス、創作活動などなど、皆様と楽しめるよう職員が一丸となって創意工夫し、さまざまな取り組みをしているところです。

写真

生活介護 厨房じんべい
サービス管理責任者
入職5年目


入職のきっかけ

特別支援学校の教員を目指し福祉系の大学へ進学しましたが、在学中に同居していた曾祖母の介護を経験し、卒業後は有料老人ホームへ就職しました。ただ、不規則な勤務により体調を崩すことが多く、転職を考えていた際に知人を通じてみのり会に出会いました。見学に来た際、職場の雰囲気がよくここに決めました。

やりがい

今現在、私はサービス管理者をしていますが、ご本人以外に法人内の他事業所や他法人/行政機関の担当者、親御さんや後見人の方々と面談や検討会などで調整を行うことで、利用者様一人ひとりに合った個別支援計画書を作成し、その計画に沿った支援をスムーズに実行することで、仲間たちが楽しく暮らしているのを見ていることが幸せです。

みのり会の良いところ

1番目が自分の得意を活かせるところです。
私は幼少期よりエレクトーンを習い始め、中学・高校は吹奏楽部、大学では市民交響楽団(オーケストラ)に入っていました。
その経験を活かし、以前は音楽療法士と共に音楽活動の担当をしていました。
最近は、現在も趣味として続けている吹奏楽の仲間と一緒に、施設の行事等で演奏をさせて頂いています。
2番目はさまざまなことに挑戦させて頂けるところです。
入職2年目から実習生の受け入れ担当として、社会福祉士や保育士、教員を目指す学生の皆さまに関わらせて頂いています。また、3年目にはより深く利用者様の支援に関わりたいという思いから、サービス管理責任者の研修に推薦して頂き、今に繋がっています。